お盆について

お盆について

大文字山篝火 七月十三日に迎え火を焚き、先祖の精霊を迎えて十五日に法要を営み、七月十六日には送り火を焚いて精霊を送ると言う行事は、斉明天皇三年(657年)の時代に初めて行われました。 京都の有名な大文字山の篝火も送り火です。

このような先祖の霊を迎えて法要を営む事を『盂蘭盆会』(うらぼんえ/うらんぼんえ)と言います。
地方へ行くと、仏壇の前に精霊棚を設け、茄子や胡瓜などに割り箸を刺し、馬や牛になぞらえて先祖の霊を迎える準備をしたり、お供物を用意したりします。
お盆提灯も、親戚や故人と懇意にしていた人達が故人の供養の為に仏前に供える習慣であり、盆踊りや灯籠流しなども行う所もあります。

又、お盆の期間中に、僧侶が檀家の精霊棚の前で読経法要を営む事を「棚経」(たなぎょう)と言います。

お盆の期間について

お盆の期間について 東京と東京近郊の一部の地域では七月十三日から十六日に東京以外の地方では八月十三日から十六日に行っております。 尚、お盆の行事は、総て陰暦で行われていましたが、現在では都会でも太陽歴で行われており、地方では陰暦のお盆は太陽暦に比べて、一ヶ月前後遅れる事と、陰暦は現在では全く用いられていない事から、八月十三日から十六日にかけて行うようになり、これを「月遅れお盆」と呼んでいます。

地方が月遅れお盆になった理由は、都会で働いていた奉公人は、正月とお盆の三ケ日は休暇をとり田舎の実家に帰る事が許された、と言う昔から慣習があり、今でもその慣習が定着しているからです。

迎え火と送り火について

一般的には13日に家の門前でおがらを焚いてご先祖様の霊を迎え、16日には再び火を焚いてご先祖様の霊を送り出します。

新盆について

故人が亡くなられて初めて迎えるお盆のことです。 白木の紋天の提灯を軒先や縁側に吊して火を灯し、故人の霊が迷う事が無いように自宅に戻る事が出来ると言う意味で昔から行われています。
毎年のお盆よりお供え・お飾りを盛大にしてお迎えして下さい。

その他のおすすめ情報

© Copyright 2001-2017 翠雲堂(すいうんどう) All Rights Reserved.