仏具を探す

仏具を探す


仏具について

妙心型仏具

仏壇の中に用いる道具で「五具足」と呼ばれるものがあります。中央に香炉を置き、その左右に、燭台(ローソク立て)と、花立て一対を並べた仏具一式を五具足と言います。本来は、ご本尊に献上する、お香と灯明と生花の三つを供える為の用具で「三具足」でした。鎌倉時代になって宋時代の禅宗文化が導入されるにつれ、仏具も左右対称に飾られるようになり、五具足を用いるようになりました。

一般寺院でも家庭用の仏壇でも、実用に供されるのは燭台だけで、花立てには常花を用い、香炉も小さすぎて飾り物としてしか機能していません。特に真宗では燭台も実用には供されていません。従って実用上は五具足以外に、焼香用の香炉と生花入れが必要になります。更に線香を立てる線香立てが必要になり、五具足に香炉と線香立てを加えた物を七具足と言い、更に生花入れやご飯を供える仏飯器一対を加えて十具足として、同一の仕上げとして揃える場合もあります。

その他に欠かせない物に、果物や菓子などを供える高坏(供笥)があります。その他に、大型の仏壇になると、寺院の本堂のように、前机や上卓、仏器台打敷など宗派により賑々しく飾る事もあります。詳しくはお問合わせください。

お仏壇が小型の場合は五具足にこだわる必要がありません。三具足でも良いですし、実用的な花立て、香炉、燭台だけでも十分です。

仏前への供え物として、飲食物の外に、献灯、献花、献香の三つは欠かせない物です。電気のない時代を考えれば、仏前の光明を絶やさない事や、常に生花を供える事が如何に大切な事は説明するまでも無いでしょう。

灯明には天井から吊す「輪灯」などもありますが、油皿に菜種油を注いで灯心で燃す仕掛けになっており、現在では単なる装飾として真宗で用いられているだけで、他の宗派では全く用いられていません。替わりに「吊灯籠」が用いられています。

吊灯籠に使われている豆電球は、消費電力は極めて少ないのもので、漏電事故の無いよう配線しておりますが、お取り扱いにはご注意下さい。

仏具の名称

仏具の名称

1 吊灯籠 2 高杯(たかつき)
3 常花と常花立て 4 仏器膳
5 仏器(仏飯器) 6 茶湯器
7 飾り香炉 8 花立
9 マッチ消し(マッチかす入れ) 10 火立て(ローソク立て)
11 前香炉 12 線差(線香立て)
13 リン,リン布団,リン台,リン棒

その他のおすすめ情報

© Copyright 2001-2017 翠雲堂(すいうんどう) All Rights Reserved.