寺院建築

扇垂木について

扇垂木について

扇垂木について

扇垂木は源頼朝が政権を握り、鎌倉に幕府を移すと同時に禅宗(臨済宗)を請来するにつれて、建築も禅宗独特の唐様建築が発達しました。唐様建築は中国の禅宗寺院の様式を参考にして居るが、単なる模倣ではなく我が国独特の木造建築の粋を集めたものです。
禅宗寺院の際立った特徴は、楼門・仏殿・法棟などの主たる建物の上層は、軒反りが強く、垂木を放射状に並べた『扇垂木』になっている事です。
代表的な建物としては、建長寺・円覚寺が挙げられますが、残念ながら創建当時の建物は総て兵火で喪失し、現存して居る建物は江戸時代の再建によるもので、尼寺だった太平寺の仏殿を移築した、円覚寺舎利殿のみが当時の面影を残して居ます。
当社の扇垂木は、鎌倉期の技法を再現し、垂木を反らしています。
寺院建築資料請求ご相談・お問い合せ先はお気軽にご連絡ください。

その他の施工事例

  • 東禅寺様

    東禅寺様
    東京都品川区/三重塔/木造本瓦葺 柱芯々13尺/-
    ▼詳細を見る
  • 普済寺様

    普済寺様
    東京都立川市/客殿・玄関棟/切妻本瓦葺/-
    ▼詳細を見る
  • 玉蔵院様

    玉蔵院様
    埼玉県さいたま市/山門(平入唐門)/-/-
    ▼詳細を見る
  • 普済寺様

    普済寺様
    東京都立川市/奥書院/桂の間/-
    ▼詳細を見る
  • 愛染院様

    愛染院様
    東京都練馬区/西川稲荷/-/-
    ▼詳細を見る
  • 多福寺様

    多福寺様
    埼玉県入間郡/鐘楼堂/切妻造、銅版平葺、柱芯:10尺5寸/-
    ▼詳細を見る
  • 長妙寺様

    長妙寺様
    千葉県八千代市/本堂/入母屋銅板平葺 7間×7間/-
    ▼詳細を見る
  • 国分寺様

    国分寺様
    千葉県市川市/八脚門/尾州桧丹塗り本瓦葺 間口4間/-
    ▼詳細を見る

翠雲堂
© Copyright 2001-2020 翠雲堂(すいうんどう) All Rights Reserved.

翠雲堂フリーダイヤル